ホーム » 業務用エアコンは用途によって決める

業務用エアコンは用途によって決める

エアコンは業務用と家庭用が存在します。業務用はいわゆる飲食店やジムや雑貨店など、いわゆる広範囲をカバーする必要がある場合において効力を発揮します。基本的に家庭用よりも馬力が高いので、部屋が広くても隅々まで空気が行き渡ります。業務によって馬力や大きさを変えることが快適に使用する為に重要なことです。また、どれだけ人の出入りが激しいかということや、そのフロアに最大何人入るかということも選ぶ基準になります。まず、人の出入りが激しいということは温度を調節した空気が頻繁に外に出て行ってしまうということです。つまり、それなりの馬力の業務用エアコンを選ばなければ無駄に電気代がかかってしまうことになります。業務用エアコンは空調の気温を設定して、その気温を保つ為に強風にしたり風の温度を変えたりします。その機能を変更する度に電力消費が大きくなるので、そのフロアに相応しい能力の業務用エアコンを使用することが大切です。また、厨房であれば火力の強いコンロが多数設置されているので、フロアの気温が頻繁に変わります。人の出入りがあまりなくても、非常に気温が上がりやすいので出入りが激しいフロア用の業務用エアコンよりも馬力があるものを選ぶ必要があります。また、空気の流れによってはエアコンが効きにくい場合があります。ショッピングセンターの隅にある店舗は、空調が非常に調整しづらいので夏は暑くて冬は寒くなります。そのフロアにエアコンを設置しても、そのフロアの後方に行けば非常に暑くなったり寒くなります。その為に、扇風機の設置などエアコン以外の物に頼ることになります。この場合は空調の馬力を強くしても、その空気が後方に届かないので、馬力を強くしても同じことです。この場合は素直に扇風機に頼ることが大切です。無理に空調の温度設定を下げたり上げてしまうと、無駄に電気消費をしてしまうことになります。ジムは人の出入りは激しいですが、それほど広いフロアで無ければそれほど馬力は必要ありません。しかし、多くの人が汗を流しているので、気化することによって部屋の気温が上がります。その為に空調が気温を保とうとして、機能をフルパワーで使用してしまって電力を無駄に消費します。この場合は、扇風機をトレーニング機器の周辺に設置して、汗が気化する前に温度を下げることが大切です。基本的にどれだけ電力消費が激しいかを考えて、無駄に電気消費をしないように慎重に選ぶことが大切です。