内窓は、建物の窓部分に対して、二重に窓を設置したものです。通常では、窓は一枚構成である事が一般的であるものの、機能性を重視した住まいでは、二重の窓を採用することが増えています。住宅設備の質の向上がさらに求められている中で、窓の分野で今後は内窓の存在が大きくなります。シンプルさを求めるのであれば、一枚窓という選択肢もあるものの、窓を二重にすることによる効果についても注目ができます。内窓を採用するメリットとしては、一つに断熱性の向上があります。窓は金属製のサッシとガラスで作られていることが多く、住宅の壁と比較して断熱性で問題があります。その結果、建物内の暖房や冷房に余分なエネルギーを費やすことになります。窓ガラス自体の断熱性を高めることは難しいものの、それを二重に設置することにより、高い断熱性能を発揮することができます。また、断熱性が高まれば、空調の省エネだけでなく、結露の問題も解決することができます。建物の内外の温度差によって生じると、窓には空気中の水分が結露し、窓周辺のカビの繁殖を促す問題となります。窓が二重になれば、こうした結露の問題が解決できます。加えて、窓を二重にすることが、防音性を高めることにもつながります。騒音問題は、住宅の大きな課題としてあります。特に薄い窓で騒音を防ぐことは難しいです。窓が二重になれば、それだけ防音性が高まります。メリットがある一方で、内窓を取り入れることにより生じるデメリットとしては、窓の開閉に手間がかかるという点があります。窓を二つ取り付けていることから、それだけ窓の開閉の作業回数が増えます。些細な差ではあるものの、子供やお年寄りには負担になります。また、頻繁に窓を開け閉めする事情がある場合にも、一枚の窓に比較すると、窓の開け閉めには手間が必要です。また、内窓を施工するためには、そのための必要最小限のスペースが必要です。空間に余裕がない部分での窓の設置には、二重での窓の施工を行う事ができないこともあります。最近の内窓の動向としては、窓枠のデザインが豊富に選ぶことができるという点があります。窓は、部屋の中で目立つ存在であり、外を眺める際に常に目に留まる場所でもあります。この事から、窓枠のデザインの選択肢が選ぶことができ、住人の趣向に合わせた窓際のコーディネートが可能です。カタログやサンプル品などを確認しながら、好みの窓枠を選ぶという自由度があります。